人民元基準値

【 基準値 】 中間値

人民元基準値とは、管理変動相場制である中華人民共和国の人民元において、中央銀行にあたる中国人民銀行が毎朝発表する為替レートのこと。対米ドルで基準値の上下0.5%の範囲でのレートの変動が認められている。中国人民銀行が為替レートを常に管理しているため、変動相場制のように為替レートが大きく変動することはない。

人民元は2005年に固定相場制から管理変動相場制に移行した。しかし、世界的な金融危機により2008年7月以来、人民元の対米ドル相場は1ドル=6.83元前後に固定されていた。その後、2010年6月に23か月ぶりに相場の固定が解除され、変動が再開された。