価格指導制

【 プライスリーダーシップ 】 価格主導制

価格指導制とは、ある産業において主導的な地位にある単一、もしくは複数の企業が価格を変更したときに、他の競合企業もその価格に従うこと。このプライスリーダーシップを持つ企業をプライスリーダーとよぶ。一方でこの支配的な価格設定に追従することをプライスフォロワーという。

寡占的な市場においてはプライスリーダーである企業の価格に、他の企業が追随することが多い。そのため消費者の需要や利益は重要視されない。

このような市場においてある企業が値上げをした場合、他の企業は追随せずに販売量は大きく減少する。一方で値下げをした場合には、他の企業も従わざるをえないので販売量の伸びは鈍化する。そのため価格は硬直するのが一般的である。

しかしこのような市場においては経営資源が豊かな、あるいはマーケットシェアの高いプライスリーダーが価格を変更しても、他の企業は黙って認めるのが通例であるため、プライスリーダーが市場でのシェアを保つことが重視され、価格は高値に設定されることが多い。ただしこのような価格設定は市場原理に基づいたものではなく、ある企業により管理されたものとなる危険性があり、その手法によっては独占禁止法違反になることも考えられる。