公共料金

公共料金とは、国会、政府や地方公共団体といった公的機関が、関与して決める料金の総称のこと。日本は市場経済における自由競争でサービスやモノの価格が決まる仕組みだが、公共料金は競争ではなく公的機関が価格を決定している。

電気料金などのエネルギー供給や交通関連、水道料金などの公衆衛生関連などが公共料金となっていて、基本的生活に関与するものが多く、国民生活の安定がはかられている。

分類としては、社会保険診療報酬や国立学校の授業料など国会や政府が決定するもの、電気料金や私鉄運賃、タクシー運賃や通常郵便料金など事業者が申請し、政府が認可または上限認可するもの、国内航空運賃や固定電話の通話料金など政府に届け出るもの、公営水道料金や公衆浴場入浴料など地方公共団体が決定するものがある。

なお、都市ガス料金は公共料金だが、プロパンガスの料金は公共料金ではない。