内部留保

内部留保とは、企業の税引後利益から、社外流出する額を差し引き、最終的に企業内に残る利益のこと。内部留保された資金は企業の成長につながる再投資に回される。社外流出とは株主配当役員賞与などのこと。

企業が生み出した利益は株主配当に回されるのが一般的だが、内部留保として、株主の理解を得ながら再投資にまわす場合もある。

会計上、内部留保は会社法によって積み立てることが義務付けられている利益準備金や、会社が任意で積み立てる任意積立金繰越利益剰余金などに計上され、貸借対照表純資産の部にあたる。