分散投資

分散投資とは、リスク管理の観点から、いくつかの銘柄に資金を振り分けて投資したり、一時期にまとめて投資せず時間をずらしながら投資をすることをいう。ひとつの銘柄に投資すると、その銘柄が急落したときに大きなリスクとなる。これを避けるためにいくつかの銘柄に分散して資金を投資することを、銘柄分散投資という。ある銘柄が値下がりしても、値上がりした銘柄の株で損失をカバーすることができる。一方、株価は常に変動しているので、それに合わせて時間をずらしながら投資することによって、ある時間の大きな値下がりのリスクを少なくしようとするのが時間分散投資である。分散投資では、例えば食品関連企業と自動車関連企業に分散投資をするなど、関連が薄いと思われる銘柄を選ぶなど、経済の状況に応じて異なる値動きをするような、様々なタイプの銘柄を選ぶことが重要である。また、自国だけではなく、いくつかの国に分散して投資することを国際分散投資という。経済状態は、その国によって様々であるため、ひとつの国の経済状況がひどくなったときのリスクを少なくすることができる。