売上原価

売上原価とは、商品や製品をつくるのに直接かかった費用のこと。具体的には原材料費や労務費、燃料費などがある。

この売上原価は売上高の内訳によって異なる。売上高が「販売業における商品」によるものならば、売上原価は他社からの仕入原価で成る。一方で売上高が「製造業における製品」によるものならば、自社における製造原価から成る。

売上原価の計算方法は、製造業の場合は「期首製品棚卸高+当期製品製造原価-期末製品棚卸高」となる。一方で販売業の場合は「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」となる。

ちなみに、売上高に占める売上原価の比率のことを「売上原価率」といい「売上原価÷売上高×100」の計算式によって求められる。これは企業の収益性を示す指標の1つとされる。

また、売上高から売上原価を引いたものを「売上総利益」という。上記の売上原価率と「売上総利益率」の合計は1になる。