失権株

失権株とは、会社が有償増資を行ったとき、その新株引受権を与えられながら、株主が引受権を放棄して払い込みに応じなかった新株の引受権のこと。株主は、株主割当増資に応じる義務はないため、発行条件次第では意図的に権利を放棄して新株を引き受けないことも可能であり、業績が悪く、額面スレスレの株価の会社が増資すると、払い込みに応じない株主が増える。発行会社は、失権株が出ると当初予定した資金が調達できないため、公募して再募集したり、株主以外の第三者に割り当てたりする場合が多いが、再募集などせずに増資を切り捨てることを、切り捨て増資という。失権株が発生し放置した場合、株主構成が変化するため、株主間での税務上の贈与の問題が生じることになる。