担保

担保とは、金銭等を貸す際に、借主が債務を確実に履行するように、債務者である借主が債権者である貸主にあらかじめ動産不動産を提供しておくこと。例えば企業が銀行から融資を受ける場合、不動産担保、有価証券担保、預金担保といった資産を銀行に差し出す。

担保には大きく分けて物的担保と人的担保があり、物的担保には債権者が弁済を受けるまで担保目的物を留保する質権、債務者が債権者に不動産を差し出すが、債務者は引き続きその不動産を使用することができる抵当権、抵当権の一種で限度額を定め複数の債権に対する担保とできる根抵当権、債務者の不動産を債権者が仮登記しておく仮登記担保などがある。

人的担保には、保証人があり、債務者が弁済をしないばあいに予め定めておいた保証人に弁済の請求ができる。保証人は多くの場合、債務者とほとんど同じ義務を負う連帯保証人となる。