覚書

覚書とは、取引の契約を交わす際に付随する文書のことで、契約書を作成する前に契約の基本条件を定めるときや、契約のある条項について、別途詳細を規定するときなどに、覚書を作成する。

契約前に交わす覚書は、契約を締結するに至るまで詳細な条件を詰めることができない段階で、取引相手が他の第三者と契約することを防ぐことなどを主な目的として交わす。一方契約のある条項について、別途詳細を規定する覚書は、契約を交わす当事者間の些細な事項や重要度が低い事項について、覚書で補足して取り決める。

覚書は、当事者が合意に至った内容を記した書面を2枚用意し、お互い相手が署名捺印したものを一通ずつ所持するかたちで取り交わす。記載する内容は日付、合意内容、お互いが合意した旨、お互いが署名捺印して所持する旨、お互いの会社名、住所、署名捺印など。

覚書が継続的取引の基本となる契約書である7号文書にあたる場合、印紙税額は一律4,000円となる。