負債の部

負債の部とは、財務諸表の一つである貸借対照表における貸方(右側)の、他人資本による部分。企業のある時点での返済すべき資金の残高明細や、その合計が記載されている。

負債の部は、その返却期限の長さによって「流動負債」と「固定負債」に分類されている。そして一般的には流動性配列法に基づき、流動性の高い負債から、低い負債の順に記載される。

流動負債は返済期限が1年以内のもので、支払手形買掛金、1年内借入金、1年以内に返済予定の社債未払金未払費用前受金預り金仮受金などが該当する。

一方の固定負債は返済期限が1年を超えたもので、返済期限が1年以上先の長期借入金や社債、退職給付引当金などが該当する。