貿易

貿易とは、国と国が商品などの売買をすること。商品などを相手国へ送り出すことを「輸出」といい、相手国から商品などを受け入れることを「輸入」という。また、輸出額と輸入額を合計した金額を貿易額という。

日本は、輸出、輸入ともアメリカが最多取引国である。1980年頃から輸入額よりも輸出額が増え(1999年では輸入額が約35兆円、輸出額が約60兆円)、日本の貿易黒字が大きくなりだした。世界の貿易バランスが悪くなる恐れがあるため、日本は輸入を増やす努力が求められている。

通商政策局では、世界各国との貿易を盛んにすすめるように努め、貿易経済協力局では、資金や技術面で国際協力をすすめている。

また、日本貿易振興機構法に基づき、日本貿易振興会を引き継いで2003年10月に設立された独立行政法人での日本貿易振興機構(JETRO)では、貿易・投資促進と開発途上国研究を通じ、日本の経済・社会の更なる発展に貢献することをめざしている。

貿易の取引方法には、海外の会社と直接取引きをする「直接貿易」と、貿易商社などが間に入ってやりとりをする「間接貿易」がある。

また、貿易商社とは別に、貿易に関する業務を総合的に取り扱い、事前のコンサルティングから関係法令の調査、契約書の整備などを取り仕切り、直接貿易を支援してくれる貿易事務所がある。