転職

転職とは、職を変えること。現在就いている組織を辞めて別の組織に就職すること。バブル経済破綻以前ではサラリーマンは終身雇用が一般的であり、転職は労働者の不始末、失敗などによる解雇処分や家庭事情など以外では一般的でなかったが、バブル経済破綻後は終身雇用を保証しない企業が増え、能力主義が台頭しはじめると転職は自らのキャリアアップの手段として積極的に転職する労働者が増えてきた。従来労働者の労働力及びスキルの向上は企業側の主導の下で行われることが多かったが、能力主義の台頭と共に転職期間に留学や専門学校に行くなどして自ら自己啓発に励む労働者も増えている。