7S

7Sとは、戦略立案や組織運営を分析する際のフレームワークとして、コンサルティングファームであるマッキンゼーにより提唱された考え方のこと。

この考え方によると、優れた企業における戦略は「7S」の要素が互いに補い、強め合いながら実行されていく。

7Sは以下のように「ソフトの4S」と「ハードの3S」に分かれる。

「ソフトの4S」とは、従業員が共通認識している価値観(Shared Value)、組織全体に備わっている技術(Skill)、人材(Staff)、社風や組織文化(Style)を指す。これらは強制的あるいは短期間での変更が困難とされる部分である。

「ハードの3S」とは、戦略(Strategy)、組織構造(Structure)、制度(System)を指す。これらは変更の意思やプランがあれば、企業努力により比較的短期間で変更が可能とされている部分である。