BIS

Bank of International Settlement

BISとは、BISとはBank of International Settlement(国際決済銀行)の略称である。国際決済銀行とは、各国の中央銀行により出資された国際的な金融機関であり、「中央銀行の中央銀行」と呼ばれることもある。

1930年に、第一次世界大戦の敗戦国であるドイツの賠償問題を処理するために設立されたのが国際決済銀行のルーツとなっている。現在は加盟国の中央銀行の間での決済業務為替の売買、預金の受け入れなどを行っており、各国の中央銀行の国際協力の場となっている。

本部はスイスのバーゼルにあり、支払い・決済委員会(CPSS)が置かれている。国際決済銀行は「中央銀行の中央銀行」という役割だけではなく、毎月開催されている中央銀行総裁会議はマクロ経済や国際金融政策について各国の中央銀行が意見を交換する場所として注目をあつめている。

近年では、BIS規制を定めることによって国際業務を行っている銀行の自己資本比率の基準を設け、国際的な金融システムの安定化において重要な役割を果たしている。