CMS

Cash Manegement System

CMSとは、グループ会社内で銀行口座や資金の管理を一箇所に集約し、合理化をはかること。取引銀行、口座を1つにまとめたり、資金の移動を相殺や合算するといった処理をすることで、金利や手数料を軽減することができ、経費の削減につながる。

CMSの内容として運転資金のブリーフィング、取引先への支払いや入金の確認、債権債務を相殺するネッティングなどがある。最も導入しやすいのはブリーフィングで、余剰資金を一箇所で管理しておけば、子会社などの資金調達もスムーズに実施することができる。

もともとは銀行が顧客を囲い込む戦略としてCMSが導入され、多くの企業が積極的に導入するようになっている。規模の大きいCMSをITベンダーやコンサルティング会社が手掛けることもある。子会社、関連会社など、束ねる企業数が多い企業ほどCMSの効果が大きいため、大企業中心に導入されていたが、近年ではCMSを導入するためのパッケージソフトが開発されたこともあり、中堅企業も導入する傾向にある。