ザラ場引け

ザラ場引けとは、株取引の立会時間のうち、前引けや大引けの時間に取引がなく、ザラ場でついた株価のまま取引が終了すること。出来高の少ない銘柄ではザラ場引けが起こりやすいほか、引け時に大量の買い注文や売り注文が入り、特別買い気配もしくは特別売り気配となった場合にも起こる。

なお、不成注文でザラ場引けとなった場合は、注文は約定しない。