指値注文

指値注文とは、株式や為替取引での注文方法のひとつ。具体的な売買の値段を指定して注文する方法のこと。指定価格以下に下がれば買い、指定価格以上に上がれば売るしくみ。買いの場合は底値を見極めて買うこと、売りの場合は利益を確定することが目的となる。

ちなみに、逆指値注文は指定価格以上に上がれば買い、指定価格以下に下がれば売る注文のこと。

即座に売買が成立する成行注文とは異なり、指値注文や逆指値注文では、指定価格に届かずに取引が成立しない場合もある。そのため注文を出す場合には、有効期限を指定しなくてはならない。有効期限の設定方法は証券会社によって異なる。