法定準備制度

【 準備預金制度 】 支払準備制度

法定準備制度とは、金融機関が、受け入れた預金などに対して一定率(準備率)以上を日本銀行に無利子で預け入れるように法律で義務づけられている制度のこと。日本銀行の金融政策手段のひとつ。昭和32年に施行され、平成17年に改正されている。法定準備制度、支払準備制度ともいう。