自己資本

【 株主資本 】

自己資本とは、企業の総資本から、返済義務のある負債を除いたもの。出資者からの出資と、その増加分から成る。具体的には株券を発行し、株主から調達した出資金や、商法により定められた資本準備金、あるいは利益準備金任意積立金未処分利益などがある。

これら自己資本は株主に帰属するが、「他人資本(借入金社債)」と異なり返済の義務はない。そのため、「自己資本比率」が高いほど、企業の財務的な安全性が高く、経営が安定しているとされる。ちなみに自己資本比率とは、総資産(自己資本+他人資本)に占める自己資本の割合である。

また、この自己資本比率、あるいはROEを計算する場合、「新株予約権」、「少数株主持分」は自己資本に含まれない。さらにBPS(一株あたり純資産)の計算では上記に加えて「優先株発行における払込額」も除かれる。