資産の部

資産の部とは、貸借対照表で左側に記載された項目とそれらの合計のこと。借方ともいう。資産の部の合計は総資産という。

一方で右側に記載されたものを貸方といい、こちらには負債の部純資産の部があり、資金の調達源泉が分かる。一方の資産の部では貸方で調達した資金の、ある時点での運用形態が把握できる。

資産の部の項目には、現金当座預金受取手形売掛金、商品、消耗品前払金未収金貸付金立替金、建物、備品、土地営業権特許権などがある。

表示は現金化が容易な順に上から並べられる。そのため、「固定資産」よりも「流動資産」が上に記載される。流動資産とは1年以内に現金化、費用化ができる資産で、現金や当座預金、受取手形、商品などが該当する。また固定資産とは、1年以上継続的に会社で使用や運用する資産のことで、建物や土地、営業権などがこれに該当する。