ECN

Electronic Communications Network 】 電子商取引ネットワーク

ECNとは、コンピューターのネットワークを通して株式を売買するシステムのこと。ECNはITの発展によって誕生しており、いつでも自由に相対取引ができ、取引時間外でも利用できる。ほかにも売買執行の速さや匿名性など、投資家にとってのメリットがある。

米国では既存の取引所のシェアをECNが奪うようになったことから、2005年にニューヨーク証券取引所はアーキペラゴ、ナスダック市場はインスティネットというECNをそれぞれ買収し、統合した。

日本では、1998年に有価証券の取引集中義務などが緩和され、ECNと同様のPTSと呼ばれるシステムが許可された。PTSによって株の夜間取引を実施する証券会社が現れ、投資家にとっての利便性が増した。PTSではマーケットメイク方式オークション方式の両方が可能となっている。